対馬の歴史

対馬の歴史年表

2009/12/21 開設

 

西 暦
政 治 ・ 経 済 ・ 社 会
教 育 ・ 文 化 ・ 産 業
国 の 主 な 歴 史
297   魏志倭人伝に対馬名  
645     大化改新
664     白村江の戦い
667 大和朝廷は金田城(かねたのき)「朝鮮式山城」を築き防人を置く:国の特別史跡    
673   天道法師生誕  
674   対馬産出銀(日本初)を朝廷に献上  
677 与良を国府と定める    
701   対馬産出金(?)を朝廷に献上 → → 「大宝」に改元
710      平城京
720   日本書紀に対馬名  
736   遣新羅使船が 浅茅湾 に停泊し、 多くの歌・万葉集  
794     平安京
805   遣唐使船、最澄ら 阿連村 に着く 天台宗(最澄)伝わる
894 新羅船対馬を攻撃→撃退    
1019 刀伊船 佐須浦 を攻撃    
1192     鎌倉幕府
1245 太宰府の命を受け宋氏、豪族阿比留氏を制し対馬統治    
1274 元寇・宋助国80余騎、小茂田で玉砕    
1328 国府八幡宮 再建(1316炎上)    
1336     室町幕府
1366 高麗国王、海寇取締と和交求める、後に通交    
1528 金石城(無天守閣)完成    
1560     信長の天下統一開始
1582     本能寺の変
1590     秀吉の天下統一
1591 清水山城築城    
1592 文禄の役、秀吉出兵    
1597 慶長の役    
1598 秀吉没後、対馬藩兵を引き揚げる    
1600 宋義智(小西マリア:妻・キリシタン)、小西行長(西軍)敗戦(行長,斬首、義智,咎めなし:マリアとは離縁)   関ヶ原の戦い
1603     江戸幕府 家康征夷大将軍
1606 国書偽造(徳川秀忠、朝鮮国王)    
1607 第1回朝鮮通信使来島(来日:467名)、義智江戸に同行   朝鮮国と国交回復
1609 慶長条約(朝鮮貿易復活)    
1615 万松院 建立(義智死亡による菩提寺)、仁王門 は現存    
1633 幕府巡検使    
1635 柳川事件(重臣柳川調興が国書偽造を告発、家光の親裁により、調興は津軽へ流罪、宗義成は咎めなし)    
1639   幕命により釜山倭館で焼き物 (鎖国)
1650   佐須に銀山  
1657   陶山訥庵 生誕  
1658   朝鮮陶工を招き立亀窯開く→対馬焼  
1659 阿須川 開削    
1660 八幡宮の石鳥居 完成    
1663   お船江築造  
1667   佐護に金銀山開く  
1668   雨森芳洲 近江で生誕  
1669 金石城の櫓門築門    
1670   厳原港矢来築堤  
1671 宗氏対馬藩10万石格式 府中に質屋開く  
1672 大船越瀬戸開削    
1678 桟原屋形(城)完成    
釜山に草梁倭館完成
(日本と朝鮮の交流・北東アジア物流の中心地)
   
1685   藩校小学校開校
(日本初小学校の名称)
 
1689 師木下順庵の推挙で雨森芳洲対馬藩に仕官    
1692   久田村茶屋台に御茶屋  
1700 対馬沖地震 陶山訥庵の猪鹿狩始まる(9年間) 対馬精密地図完成(幕命) (生類哀れみ令)
1703 朝鮮国訳官使船鰐浦沖で遭難    
1708 富士山噴火で禄高問わず上納金    
1715   原田三郎右衛門、薩摩に潜入、甘藷を持ち帰る(→ 孝行芋)  
1717   久田村で陶器製造開始  
1726   志賀窯開く  
1732 府中大火(焼失家屋1299戸、寺社29) 儒学者 陶山訥庵
(木下順庵門人)
 
1755   儒学者 雨森芳洲
(木下順庵門人)
 
1759 府中大火(焼失家屋1000戸)    
1793 防備体制強化・遠見番所(幕命)    
1811 第12回(最終回)朝鮮通信使    
1813   伊能忠敬測量隊(19名)来島・ 対馬地図絶賛・対馬測量(46日)  
1844 今屋敷防火壁(各地に防火石垣壁)    
1857 琴大火(大イチョウ一部焼ける) 阿須窯開く  
1859 イギリス艦アクテオン号 尾崎浦 に停泊(カルチャーショック)    
1860   半井桃水 生誕  
1861 ロシア鑑ポサドニック号 尾崎浦芋崎 を半年間占拠    
1862 対馬藩は長州藩と勤皇同盟    
1863 攘夷の勅許下る    
1864 勝井騒動(佐幕派の勝井五八郎が造反) 藩校、日新館 創立  
1868     明治維新
1869 廃藩置県により、対馬藩は厳原県に    
1871 厳原県を伊万里県に合併    
1872 厳原県は長崎県に(伊万里県は佐賀県に改称)    
1878   厳原中学校(旧制)創立  
1900 万関運河 開通    
1905 バルチック艦隊と対馬沖で激突、翌朝ロシア将兵240人が茂木浜 殿崎 に上陸   日本海海戦
1912   厳原に初電灯  
1917   <「島の秋」発行,吉田絃二郎の出世作  
1922   初乗合自動車(厳原〜鶏知)  
1926   作家 半井桃水 没(樋口一葉の師)  
1941 全島が要塞   第二次世界大戦
1945 珠丸遭難、犠牲者545人   終戦
1968   国定公園に指定「壱岐対馬国定公園」→記念切手発行(1970)  
1971 対馬縦貫道完成    
1975 対馬空港 完成    
1980   厳原中学校跡、公募で「清水ヶ丘(広場)」に  
2004 対馬市誕生    
2005 福岡県西方沖地震(M 7.0)、対馬市で震度4 記録    

 

参考引用文献

・ 新対馬島誌(1964),対馬教職員組合(新対馬島誌編集委員会)

 

なんじゃもんじゃランド へ































inserted by FC2 system